読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム開発者が偉ぶるブログ

ゲーム開発のビジネスやマネジメントについて日々思うことをあれこれ偉ぶって書き綴ったもの。

Java | 学習の工程について(2017年)

現在2017年初頭で、古い記事が沢山散見される中でどんなウェブサイト、書籍を参考にしたかの記録を残しておきたいと思う。

まず最初に行ったチュートリアルが下記サイト。

<ゲームを作ろう!>超初心者のためのプログラミング入門 - 楽しい趣味のプログラミング -

ここで SESSION 1 から SESSION 11 までしっかり手を動かしながら読み進めて「自分で作ってみよう」は飛ばし、SESSION 12 はある程度形になるまでをざっくり追うところまで読んだ。

土日の2日間まるまる使えばプログラミング初心者でも一通り読み進められると思う。
(ただしhtmlなどのスクリプト言語で若干はプログラミングに慣れている前提かも)

こちらが読み終えた頃にはシンプルなテキストアドベンチャーが作れるようになる。

次に観たのがこちらの動画。

第116回まで続いていて本当に素晴らしい。

こちらをおさらい部分は基本的には観るだけで、新しいことが出てきたら試してみる感じで始めたが、ドキュメントの読み方、情報の探し方まで丁寧に解説していて本当にありがたい。

Javaを始めた土日明けの平日夜で動画の「乱数を使ってみよう」のパートまで進めたら、ドラクエの1vs1の戦闘のような流れを自力でさくっと作れるようになっていた。

敵が現れた旨の開始メッセージを表示後「1.たたかう 2.まほう 3.にげる」‥の中から行動を1~3のキー入力で選択して実行し、プレイヤーもエネミーも乱数をswitchのcaseに当てはめて会心の一撃が出たりミスったりさせるようにして、ダメージや魔法での回復量も基礎攻撃力や基礎回復力に乱数の値を乗せる感じで計算して、ゲームオーバーまたはゲームクリアして終了する流れだ。
(ただしこの時点ではまだコマンドプロンプトでしか表示できない状態だったが)

さらに動画を進めていけば、最終的にはFC時代のドラクエのようなものを作れるようになるということだ。

その後、ウインドウを作成して表示、画像を表示、レイアウトを変える‥といった話に進んでいくが、動画ではswingを利用している。完全初心者としては新しくて良さげなJavaFXの方を覚えたいと思いつつも、JavaFXの記事が世の中にまだ十分ない感じがするのでひとまず最後の動画までこのまま進めるのが吉と思う。

ちなみに動画では秀丸Javaを書いて、コマンドプロンプト上でコンパイル>実行させて解説しているが、NetBeand IDEを使っていてしばらくは問題なかった。
最初は「swingで作成したウインドウはどうプレビューするんだ?」と戸惑ったが、メニューの実行>ファイルの実行(Shift + F6)でOK。

しかしその後、ウインドウでキャラ画像を表示するあたりで画像が表示されなかったり、表示されるようになっても3体並んで表示されなくなったりするが、Part.26まで進めると正常に表示されるようになるので、全く同じ記述にしていても画像が表示できない場合はしばらくその状態で我慢しつつ動画の通りになぞっていけばOK。

さて、この動画でパート40あたりまで進めてくると、非常に階層の深いクラスの継承が入ってコンストラクタなど聞き慣れない単語が頻繁に出てくるようになって、ついていけなくなると思う。

そうした場合は、他の入門サイトで書式や単語を調べながら理解を進めると良い。

なかでもオススメはこちら。

クラスなども車に例えて非常に分かり易く解説されており、ひとつひとつの記事がとても丁寧で読みやすい。