読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム開発者が偉ぶるブログ

ゲーム開発のビジネスやマネジメントについて日々思うことをあれこれ偉ぶって書き綴ったもの。

任天堂に入るには?

職場環境 マネジメント キャリアパス スキル

任天堂は日本のゲーム会社の中でも入社するのがとりわけ難しい会社な印象がある。

かつてズバ抜けて優秀な知り合い何人からか、中途採用で応募してダメだったという話を聞いてきた。

でも私には何となく理由が分かる。

どんなに優秀でも任天堂を選んだ理由に説得力が無ければ入れないと私は思う。

なぜなら、企業文化や業務に対するスタンスが肌に合わない人間はそう遠くないうちに辞めてしまうからだ。特に優秀な人ほど選択肢が広いのでその傾向が強いだろう。

もちろん新陳代謝は必要だが、人がそう遠くない内に辞めるというのは所属期間に得られる恩恵を差し引いても企業側にとって悪影響が多いと思う。

プロジェクト途中で抜けられた場合のリスクもあるだろうし、社内で得た内部情報が出回るリスクもある。

育成にコストをかけた場合も人材ごと失われることになる。

加えて、任天堂という会社は離職率が非常に低い会社な印象だ。

何せこれだけ人材の流動が日常的な業界で「元任天堂です」という人が会社にいたり、応募に来たり、実際に出会ったりすることが非常に稀だからだ。

もし実際に定着率が高いとしたら、その理由は色々とあるだろう。

考えられるのは‥給料が高い、納得のいく人事評価がなされている、やり甲斐のある仕事に関われる、などがあるのではと思うが、何よりも会社の方針・文化・示されるビジョンに賛同できるかが大きいのではないか。実際に得られる仕事内容もその辺りの影響が大きい。

また、そこで自分が活躍していけるか、長く働いていけるか(定年退職まで)‥というキャリアパスに希望を抱かせ・かつ不安を抱かせない環境かどうかも大きいように思う。

任天堂はそういったあたりのマッチングをかなり重要視している会社なんじゃないかと思うのだ。

なので入社するには、企業文化に考え方が合うことが伺えるような、何かしらの強い理由が必要だと考える。

私は任天堂のスタンスが好きだし非常にリスペクトしている。が、この辺りをよくよく自問すると私は合ってないなと思う。その辺りは簡単に見抜かれるだろう。

ついでに言えば、純粋に業務において「優秀だ」というのは単なる前提条件だろう。年齢が高いほど必須条件になっていくのではないか。